『HP ProLiant ML115』で自宅サーバー

とうとう我慢できずに買ってしまいました。
HP ProLiant ML115です。



以前より当自宅サーバーでは、余っていたそこそこスペックの自作PCをサーバーとしていましたが、安定はしていたものの、やっぱりちゃんとしたサーバー製品が欲しいと思い、どうせ激安だし今のうちに買っておこうってことでポチってしまいました。
NTT-Xにて送料込めて13,750円で購入[ピース/]詳細スペックは以下です。
こんなサーバーがこの値段で買えるなんて、いい時代になったもんです。

CPUAMD Athlon 3500+
周波数2.2GHz
CPU数(標準)1個
CPU数(最大)1個
筐体タワー型
チップセットnVidia MCP55S Pro
L2キャッシュ512KB
メインメモリ(標準)512MB
メインメモリ(最大)8192MB
メモリタイプPC2-5300 ECC-SDRAM
HDD容量(標準)80.0GB
HDD容量(最大)2000.0GB
CD最大48倍速(IDE)CD-ROM
FDなし
ディスクコントローラオンボード 4ポートSATAコントローラ
RAIDアダプタ内蔵RAID機能付き、RAID 0、1、5
LANあり オンボード NC320i PCI Express Gigabitサーバ アダプタ
その他バスフルレングス/ フルハイトPCI Express x16×1、ハーフレングス/ ロープロファイルPCI Express x8×1、32ビット/ 33MHz PCI×1
インストールOSなし
サポートOSWindows Server 2003 Web/ Standard/ Enterprise Edition、Microsoft Windows Small Business Server 2003、Novell NetWare 6.5 SBS(SP6リリース以降のみ)、Linux
本体サイズ(H*W*D)W175×H367×D426mm
重量10.5kg
電源100~127V(50~60Hz)/ 200~240V(50~60Hz)
最大消費電力370W
グリーン購入法対応
GPN(グリーン購入ネットワーク)未登録
VCCI対応
アスベスト非含有
RoHS指令対応
その他環境及び安全規格IT Eco Declraration適合
メーカーHP(旧コンパック)

メインメモリが512MBと少なめなので、これは取り外して他で購入した1GBx2を取り付け、HDDにはRAID1で利用するための別で用意した250GBx2を使用。付属の80GBはユーザーファイルの世代バックアップ用にそのままつけています。これは足りなくなれば別HDDに交換すれば良いので問題なし。
しかしML115ユーザーはかなり数が多いようで、ありがたいことに情報収集には事欠きません。
サーバー移行に関する備忘録は後日書くこととしますが、とりあえずCPUファンとケースファンは自宅で24時間稼働させるには、うるさすぎたので交換しときました。
ケースファンは、鎌風の風90という9cmファンで、CPUファンは無名の余っていた8cmファンです。
(もうこんなことしてる時点で自作PCと同等レベルか?w)
移行もほぼ終了したし、RAID1も問題なく構築できたしひと安心[にこっ/]
これに合わせて、紹介ページも更新しておきました。

シェアする

1件のコメント

  1. ML115やすぅ~(笑
    うちも昔投売りされていた、ML310が4台稼動中です(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください