『ドルチェグスト サーコロ』 買ったよ

以前よりずーーーーーーーーーーーーーっと気になっていたエスプレッソマシーン『ドルチェグスト』シリーズの『サーコロ』を買っちゃいました!
やっぱオウチでコーヒーといっても本格的な味と香り、雰囲気を楽しみたいものです。
色はレッド。本当はホワイト&ブラウンが欲しかったけどずっと在庫無しだったので、早く欲しいしってことで。

何と言う可愛らしいデザイン

 

カフェルンゴ(レギュラーコーヒー)を入れてみた様子

 

このドルチェグストシリーズの最大の特徴は、何といってもコーヒー豆(といっても中身は粉末かな)がカプセルで提供されていること。
なので、豆を挽く必要がありません。そのおかげでコーヒーを飲む度にこのマシーン自体を掃除する手間がないのです。
しかもカプセルが密封されているため、コーヒーを入れる瞬間まで酸化することがなく、より本来の香りを楽しめるっちゅう仕様になっています。
また、カプセルが数種類あるので、レギュラーコーヒー、エスプレッソ、カプチーノ、チョコチーノなどその時の気分によって選べるのもいいところです。
もちろん、それだけ買い揃えないといけませんけど。
今回買うにあたって、同じネスレの『バリスタ』と少し迷ったんだけど、やっぱりあれは雰囲気だけであって結局はインスタントなので、せっかくならってことでドルチェグストを選びました。

このクレマ(泡)はおいしさの証なのだ

 

今回は本体買ったのと同時に、2種類のカプセルを買ってみた。レギュラーの方は16カプセルの16杯分で約800円、カプチーノはコーヒー8カプセル、ミルク8カプセルの16カプセル(8杯分)で同じく約800円

 

だいたい1杯分で50円。カプチーノに至っては100円ってことになるなぁ。
家で飲むものとしては少々高いんだろうけど、本当においしいのでお店で飲んだと思えば安いもんだ[ニッ/]
ただ、セブンイレブンかネット販売でしかカプセルが入手できないのが少々難点。しかも置いてないセブンも結構あったりするし。

 

お嬢様もどっちの味にするか迷われている様子。(もちろんまだ飲ませませんw)

 

実際に作る時は、後ろのタンクに水を入れた後に

カプセルホルダーのロックを上に上げて

 

カプセルホルダーを取り出し

 

カプセルを入れた後に、上のレバーをHotの方に倒します

 

ただし、盲点だったのがそのレバー。止めるときは手動なのね。放っておくと溢れても止まりませんw
逆に考えると、好きな濃さに調整できるという利点もあります。特にカプチーノなんかはコーヒーとミルクの分量をお好みで調整できることになります。
あと気になるのは動作音。想像してたものよりも音が大きいです。バシュッ、ぶ~~~んって鳴ります。結構響きます。子供が横で寝てたとしたら起きるくらい。ただこれもお店の雰囲気を楽しむと思えば苦にならないかな。

 

今度はカプチーノを作ってみた。何という美しいグラデーション

 

いい感じでしょ。カプチーノのミルクには少し糖分があって、追加で砂糖とか入れなくても十分おいしいのだ。

こんな感じで、オウチdeカフェを楽しめるようになったので、ウチに遊びに来た人にも飲んでもらえそうです。誰か飲んでみたい人るかなぁ??
というわけで、オススメできますよ。
このサーコロよりも少しお買い得で最近出た、同じドルチェグストシリーズの『ピッコロ』ってのもあって、これも良さそうです。
皆さん、こだわりのコーヒーをオウチでも楽しまれては?

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください