Panasonic 『DMC-GH1』 で撮ってみた

前回の記事で娘をCanon EOS Kiss X2で撮影した写真を載せましたが、今回は先日届いたばかりのPanasonic DMC-GH1(K)で撮影した写真を載せてみようと思います。


その前に、使用感についてレビューしてみます。
カメラにほとんど詳しくないので、飽くまで素人所見としてご理解下さい。
まず、[UP/]と思った点。

  • AFが速い、正確、静か
  • EVF(液晶ファインダー)が綺麗で、光学ファインダーでないとしっくりこないと思っていた自分でも意外と使いやすい。特に、WBやISO感度、シャッター速度、F値など、このEVFを覗いた状態で全て設定・把握できるのは便利。その上撮った直後の写りもそのままEVFで確認できるので、いちいち構えていたカメラを一度顔から離して画像確認、といった動きを省く事ができる。
  • 高感度撮影でも思ってたよりノイズが目立たない。
  • フィルムモードが結構面白い。自分用にカスタマイズ色設定も記憶させられるのでこだわりの作品を作れそう。
  • GH1Kキットレンズは、動画撮影中でもAFが効き、しかも無音なので録画した動画にAF動作音が記録されることがない。これは何気に凄いことです。
  • 撮影された動画が超綺麗です。CMで「一眼でムービーあそばせ[ハートx1/]」って言ってるのはダテではありません。
    これまでビデオカメラであるCanon HF11を使っていましたが、それと比べてもレンズの違いからか、解像感のある動画が撮影できます。色合いも非常に自然です。また、撮った動画をすぐに自宅のTVビエラで見れるのも何気に嬉しい。欲を言うとフルHD撮影が1080i記録(24コマ/秒)ではなく1080p(30~コマ/秒)だったらさらに良かったけど、720pで撮れば60コマでいけるので良しとします。それでも十分綺麗なんです。
  • 元々PanasonicのLumixシリーズを使っていた自分としては、設定画面や撮影設定画面がそれと似ているため、操作に戸惑う事が少ない。
  • バッテリのもちが良い。動画撮影や撮影した写真のプレビューなど、液晶で表示した状態が長くてもバッテリが切れそうな気配がない。ただし、連続撮影して時間を測定してみたことはない。
  • GH1Kキットレンズ1本で、とりあえずポートレイト写真から風景写真まで一通りの画角をカバーできるため、他製品のダブルズームキットレンズなどのように、いちいちレンズを交換しなくても撮影が楽しめる。旅行先などでは便利かも。
  • レンズフードが最初から付属している

次に、[DOWN/]と思った点。

  • まず最初に感じたのが重い。マイクロフォーサーズ規格、ミラーレス構造によりボディが小さく軽量なのは認めます。しかしGH1Kキットレンズが異様に重いです。これまでCanon EOS Kiss x2+キットレンズで使っていた僕としては、あれ?って思うくらい違和感があります。ボディが軽いのにレンズが重たいので、前部分が重たくて持ったときに違和感があります。まぁ慣れの問題でしょうし、昔から銀塩カメラで撮っている人から言わせれば、「何言ってんだ?」って話でしょう。
  • GH1Kキットレンズのズームリングが固い。まず指先だけでは回すことは難しいでしょう。写真だけならまだしも動画撮影中では、ズーミング操作で力を入れたときにカメラ自体が揺れてしまう。でも、使っているうちに軽くなってきた気がする。(力がついただけじゃないっぽい)
  • キットレンズが高機能がゆえの犠牲もあるようです。やはりレンズが暗いかな。そのぶん、室内撮影には不向きだと感じます。特に室内での被写体ブレに対しては暗くてシャッタースピードが上げられない分、非常に弱いと感じます。F値の低い単焦点レンズ等を使わないと、室内での人物撮影で背景を綺麗にぼかすには難しいかもしれません。
    そういう意味では、この部分に関して言うとセンサーもフルサイズなCanon EOS Kiss+キットレンズシリーズに軍配が上がるでしょうね。
    ただ、それに勝る高機能が詰まっているレンズなので、これは仕方ないと思えます。
    明るいレンズと言えば、近々マイクロフォーサーズ規格のパンケーキレンズが発売されるので購入予定。非常に楽しみです。
  • シャッター押下時のシャッター音がショボくて萎える。ミラーがなく光学ファインダもない構造なので、いわゆる「デジタル一眼レフカメラ」ではなく「デジタル一眼カメラ」ゆえの音です。ミラーの動作する音も当然ありませんので、撮影時の音と振動による快感は他製品に劣るかもしれません。

以上が、とりあえず1週間使ってみての所見ですが、このド素人が撮影したサンプルも少し載せておこうと思います。





いずれもブログの写真アップロード機能でリサイズしてるので(横着ですみません)、サムネイルも実画像もブロックノイズっぽくなっていますが、実際の写真はそんなことありませんので念のため。
カメラを持って出掛けたくなる魅力がありますね一眼カメラには。コンパクトデジカメとは違って持ち運びはそれなりに大変ですが、出来上がりの構図を想像しながら撮影するのがこんなに楽しいとは知りませんでした。
肝心の動画サンプルはまだ載せられるものはありません。が、動画機能に関しては特に満足しています。
早くマイクロフォーサーズレンズが充実すれば嬉しいなぁ[クール/]

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください